お問い合わせ

ENVIRONMENT POLICY 環境方針

適用範囲

適用業務

ドキュメント機器及びIT商品・環境商品の販売及びメンテナンス・サービス事業、情報システム開発事業、環境ソリューション事業

適用組織および所在地

事業所一覧

※岐阜工場(関連会社エイコー林業株式会社)、R&Dセンター三重(関連会社エイコーエコスパ株式会社)を除く全事業所

適用プロセス

適用プロセス[PDF]

環境方針

基本理念

株式会社エイコー(以下、当社)は、高度情報化社会に最先端技術を駆使したハード・ソフト・技術サービスを提供し「お客様第一主義」の徹底と企業価値とともに社会価値を生み出す CSV (共有価値の創造)を取り入れ、顧客に満足を供給し、加えて地球環境の保護と人々に幸福をもたらす会社を目指します。

基本方針

当社の事業活動において、地球環境の保全に配慮して以下の方針で環境マネジメントシステムを構築・実施・維持し、継続的改善に努めます。

(1)当社事業・サービス全般における個人情報の利用目的は、次のとおりです。

  1. 環境に配慮したシステムとサービスを顧客に提供していくことにより、地球環境の保全活動に取り組みます。
    • 再生可能エネルギーに取組むシステムとサービスの提供
    • 省資源、省エネルギーに取組むシステムとサービスの提供
    • 資源、エネルギーの保全に取組むシステムとサービスの提供
    • 環境負荷の低減に取組む全てのシステムとサービスの提供
  2. 資源・エネルギーの効率的利用
    • 業務の効率化を推進することにより、資源・エネルギーの消費及び廃棄物の発生を抑制し、環境負荷の低減に努めます。
    • 再生可能エネルギーの取組みに投資することにより、再生可能エネルギーの創出と環境負荷の低減に努めます。

(2)法の遵守

環境関連法規や地域の条例、当社が同意する協定などの要求事項を遵守します。

(3)継続的改善と汚染の予防

環境目的及び目標を設定し、達成状況の評価や見直しにより、環境マネジメントシステムの継続的な改善を推進し、環境汚染の予防に努めます。

(4)社内・外への環境教育・啓蒙活動

環境教育・啓蒙活動を推進し、全従業員に周知します。また協力会社や委託会社へも周知し、理解と協力を要請します。

(5)情報の開示

社内外ともにコミュニケーションを図り、必要な情報を開示します。

株式会社エイコー
代表取締役社長 山田 一太朗