ISO対策・ISO取得方法について
オフィス移転、オフィスレイアウト変更のエイコー TOPページ > ISO対策について

ISO取得方法について

ISO取得は企業にとって様々なメリットがあります。ISOの取得のためには業務の見直し、社員の意思統一などが必要となります。業務効率アップに繋がるISO取得。まずはそれがどういったものなのか?
このページでは、ISO取得のための前提知識、ノウハウのご紹介をいたします。
ISO14001とは ISO14001取得のメリット ISOの取得について
ISO14001とは
PDCA ISO14001とは、環境マネジメントシステムの国際規格です。国際標準化機構(International Organization for Standardization)により1996年に制定されました。組織の事業活動により発生する環境への影響を経営者の責任のもと、方針・目標を定め、環境へのマイナス影響を低減していくための活動を行います。

環境マネジメントシステムとは、簡単にいうと「環境に関する経営方針を体系的に実行していくためのシステム(仕事の仕組み)」のことです。この仕組みの基本は、「PDCAサイクル」を回していくことです。
環境マネジメントシステムの目的は、環境に関する仕事の仕組みをしっかりすることにより、業務の効率向上と環境への影響の最小化を図ることにあります。
まず、環境への取組みについて、組織のトップが環境マネジメントシステムの基本理念・基本方針(環境方針)を明らかにし、この方針を実現するため、組織は目標を設定し、目標を達成するための具体的な「誰が、いつ、何をするのか」という計画を立て(Plan)、確実にプログラムを実行し(Do)、目的が達成されているか、取組みはしっかり実施されているかをチェックし(Check)、組織のトップがシステム全体の見直しを行います(Action)。
このように、組織全体で環境への取組みを実践し、継続的な改善を図ることをいいます。
 
ISO14001取得のメリット
ISO14001の取得により、次のような業務改善がはかれます。

1.官公庁・自治体・グリーン調達企業への受注拡大
2.知名度向上・イメージアップによる取引先への購買拡大
3.環境配慮型商品の開発による売上増大、グローバル市場への参入による売上増大
4.環境苦情・要望管理による顧客満足向上による売上増大
5.目標管理プロセスの導入によるマネジメント能力の向上
6.プロセスの見直しと標準化による無駄の排除
7.環境負荷低減のために設定した目標達成によるコスト削減
 
ISO14001の取得について
「ISOの取得が簡単だった」という声は今まで聞いたことがありません。
では何が難しいのか?というポイントをご紹介すると

1.ISO規格の難解さ
規格書には、何をしなければならないかは書かれていますが、どの様に、どれだけやるかは書かれていません。この部分は各企業が社内事情・業務内容に併せて独自に決めなければならないのが1つ目の難しい点です。

2.全社で取り組む
規格書には全社員が対象となるような要求事項が書かれています。最高責任者の社長或いは工場長を始め全社員が取り組まなければなりません。そのため、部門間の調整・進捗管理・審査機関との交渉などの雑多な仕事が発生するので、推進責任者の苦労は相当なものになり、社員の意思統一、モラル向上のいいきっかけとなるのです。

3.文書化
要求事項に対する具体的な活動を文書化する必要があります。本屋ではISOに関する書籍が多数売られていますが、各社それぞれの社内事情が異なりますので、書かれていることそのままは当てはまらないことが多いのが実状です。一口に文書化せよと言うのは簡単ですが、実際はそう簡単ではありません。
ここが実はISO取得の大きな落とし穴になっているといえるかもしれません。
ページTOPへ
当社では、ISO取得に必要な文書の維持管理・文書の共有・文書の電子化を効率よく運用し、社内のコスト削減のご提案を様々な中堅企業のお客様におこなってきました。そのコスト削減につながるご提案事例をご紹介いたします。

業務改善、コスト削減に繋がる具体的なご提案内容に関してはこちらをご覧下さい
 
ISO取得方法を知りたい方もIT導入による業務効率をしたい方も
中堅企業様の業務支援に関することならエイコーにお任せください!
TEL:東京03-5470-9531 大阪06-4705-6726
(営業時間:平日 9:00〜17:30)
お電話の際は「ホームページを見た」と一言お伝えください。
営業時間外のお問い合わせはお問い合わせフォームをご利用ください。
ISO取得方法に関するお問い合わせフォームはこちら