オフィスのレイアウト変更を検討中の方・オフィスのレイアウト変更をする際に見落としがちなポイントをお伝えします
オフィス移転、オフィスレイアウト変更のエイコー TOPページ > オフィスレイアウト変更をする際のポイント

中堅・中小企業様のオフィスレイアウト移転を全面バックアップします

オフィスレイアウト変更の大きな流れはご理解いただけましたでしょうか?中堅・中小企業の皆様がオフィスレイアウト変更をする際に是非注意していただきたいポイントがいくつかあります。
現状のお仕事を掛け持ちされていて、非常にお忙しい状況だと思います。ここでは、そんなお客様のために、オフィスレイアウト変更の際に注意していただきたいポイントについてご紹介します。
オフィス写真
 

オフィスレイアウト変更の際のチェックポイント

Point1.「時間」と「コスト」
Point2.現状の整理
Point3.インフラ整備
Point4.セキュリティ対策
オフィスレイアウト変更Point1:時間コスト

オフィスレイアウト変更の際に担当者様に気にして欲しいのが「時間」「コスト」です。
時間、コストについて事前に想定しているスケジュールや予算の枠内でオフィスレイアウト変更を完了することが最も気がかりになるのではないかと思います。
また、通常業務も掛け持ちでいらっしゃる中堅・中小企業の皆様にとっては、どれくらい「手間がかかるのか」なのか、ということがやはり気になると思います。

エイコーが窓口としてお客様の『代わり』となって、様々なやり取りを行います。オフィスレイアウト変更のプロとしてのノウハウを活かし、『いかにスムーズに』、『極力コストを抑えて』、『お客様の手間とならないように』、ご提案しています。
オフィスレイアウト移転に不安をお持ちの方、安心してエイコーにお任せください。

エイコーのご提案するオフィスレイアウト変更事例はこちらです

 
オフィスレイアウト変更Point2:現状の整理

事前に身軽になるような計画が必要なのはオフィス移転もオフィスレイアウト変更も同じです。必要のない書類などは廃棄、必要な書類は電子化など、できるだけ荷物を少なくする工夫をすることが大切です。今必要でないものの洗い出しはもちろん、今無駄だなと感じている点をこの際洗い出しましょう。そして、オフィスレイアウト変更時に一緒に解決してしまいましょう!

エイコーのご提案するオフィスレイアウト変更事例はこちらです

 
オフィスレイアウト変更Point3:インフラ整備

ネットワーク・インフラの整理をしましょう。LANや電話機の増設により、ケーブル類が散乱しているのではないでしょうか?まして誰のものかわからないようなケーブルもあったり…。買ってきたままのLANケーブルを繋げてませんか?
最適な長さでの設置や無線LAN化も有効な手段です。広範囲な部署にまたがっている場合は、VLANも必ず考えることが必要です。
エイコーは、OA機器の専門商社でもあり、オフィスレイアウト変更の際も社内インフラ・ネットワークを絡めてご提案しています。

エイコーのご提案するオフィスレイアウト変更事例はこちらです

 
オフィスレイアウト変更Point4:セキュリティ対策

セキュリティ管理も重要なことです。手軽なところから始めてみましょう。
鍵のかかる書庫や引き出しはありますか?情報管理する上で必要な一歩です。
机の上に情報が記された書類が無造作に置かれていませんか?鍵のかかる引き出しにしまいましょう。ICカードを使って書庫を管理したり、事務室の入退出を制御して情報漏洩を防止するソリューションを導入することも必要になってきます。
エイコーは、OA機器の専門商社でもあり、オフィスレイアウト変更の際もセキュリティ対策を絡めてご提案しています。

エイコーのご提案するオフィスレイアウト変更事例はこちらです

ページTOPへ
雑然と机や書庫などを並べるだけではいけません。エイコーは自社内で「ライブ・オフィス・プロジェクト」を発足し、人の動線や出力デバイスの位置、部署の連携などを考慮して、最適な配置をおこなっております。これらの実績を基に、お客様のオフィスを調査・ヒアリングして最適なオフィスプランをご提案いたします。

エイコーがご提案するオフィスレイアウト変更に関してはこちらをご覧ください
 
オフィス移転をご希望の方もIT導入による業務効率をしたい方も
中堅企業様の業務支援に関することならエイコーにお任せください!
TEL:東京03-5470-9531 大阪06-4705-6726
(営業時間:平日 9:00〜17:30)
お電話の際は「ホームページを見た」と一言お伝えください。
営業時間外のお問い合わせはお問い合わせフォームをご利用ください。
お問い合わせフォームはこちら