ITソリューション

どのような事でお困りですか?

ご要望から最適なサービスを探す

お問い合わせ・ご相談受付
オフィスづくりのことなら「空感創造」
お問い合わせ・ご相談受付
お問い合わせ・ご相談受付
お問い合わせ・ご相談受付
お問い合わせ・ご相談受付
お問い合わせ・ご相談受付
オフィスづくりのことなら「空感創造」

サーバ仮想化

VMware vSphere 4.1

現在、サーバ統合やシステムリソースの有効活用を目的とした仮想化技術の利用が注目されています。 サーバ仮想化による統合は、サーバ運用において、コストダウン、 リソースの有効活用、運用工数の削減など様々なメリットを生み出します。
Vmwareを活用した仮想サーバによるサーバ統合は、1台のサーバ上に複数のマシンに相当する環境を立ち上げることができます。 そのため、リソースが有効活用され、ハードウェアのコスト削減、ソフトウェアのライセンスのコスト削減、 サーバ数が減ることによる省スペース化が可能になります。 また、カプセル化技術を活用し、仮想サーバを止めることなく、サーバ間を移動できるなどのVmotion機能が充実しており、 サーバを稼動させたままのメンテナンスが可能となります。これは運用、 サービスの効率化を可能にし、柔軟なサーバ環境を構築することができます。
イメージ:Vmware

サーバ仮想化によるメリット

Vmwareによるサーバ仮想化のメリット

■ サーバ台数を大幅削減

■ ハードウェア費用、保守費、運用管理費などTCO削減

■ CPUなどリソース利用率の向上

またサーバ仮想化は次のような効果も生み出します。

■ 新規サーバも仮想マシンで即座に立ち上げ。
ビジネススピードに対応したすばやい対応が可能です。

■ 物理サーバ間の無停止移動機能(VMotion)を活用し、 システム無停止での保守や負荷に応じた仮想サーバの再配置が可能。
深夜や休日に行わざるを得なかった作業も日中の業務時間で対応できます。

■ 古いアプリケーションを変更することなく、新しいハードウェアのサーバに統合できます。
余裕を持ったアプリケーション改訂の計画や業務停止のリスクを大幅に削減。

■ 仮想サーバ環境をカプセル化されたファイルに保存。

障害・災害時にも迅速にビジネスを再開することができます。
【VMotion】
イメージ:VMotion

このページの先頭へ